図のように、人間の耳には外耳、中耳、内耳の3つの部分から成り立っています。
外耳から入った音は鼓膜に達し、ツチ骨・キヌタ骨・アブミ骨によって内耳に伝えられます。
音の信号は内耳の有毛細胞によって電気信号に変換され、脳に送られ脳で判断されます。
このように、耳の各器官がそれぞれの役割を果たすことがことで音を聞き取ることが出来ます。
耳から脳までのどの部位に原因があるかで、難聴の種類や程度が違ってきます。
伝音難聴 ・・・ 外耳や中耳の炎症によって起こります。音量を大きくすれば聞き取りやすくなるので補聴器の使用は効果的です。
感音難聴 ・・・ 年齢が進むにつれ、または、大きな音をききすぎたりすると、内耳の有毛細胞の機能が低下します。内耳、聴神経、脳の中枢など感音系の何らかの障害によって起こります。小さい音がききとりにくいだけでなく、大きい音が響いたり、ひずんだりする場合があり、きこえても言葉の意味がわからないといった症状があらわれます。しかし、補聴器を正しくフィッティング(調整)して使用すればかなりの効果が期待できます。
混合性難聴 ・・・

伝音難聴、感音難聴の両方の症状が現れます。中耳炎が悪化して内耳が冒された場合をはじめ、いくつかのケースがあります。



 
信頼できるお店選び購入前に補聴器の種類聞こえのしくみ聞こえの判定と説明補聴器Q&A |耳鼻科で相談
©Japan Hearing Instruments Dispensers Association